FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【番外編】モテモテ☆パーマン【その3】

こんばんはー!
今日はお話の第3話です。
早いですねぇ。


今回のパーマン1号は追いかけられてばっかりしてますけど、
本日も追い回されております!!
追いまくって逃げ回っていただいております!!


では、前置きは長くない方が良いと思うので、
今日もこの辺でつづきからどうぞー!!





~3~



ビビビビビビビビビ!!!


パー子から逃げ回る途中、1号の胸のバッジがまたもや鳴り響いた。
慌てて彼は応答した。

「は、はいっ!こちら1号!!」
『アキャキャウキキー?』

呼び出した主はブービーのようだ。
暇だからという理由で1号に遊んで欲しいようだ。

「悪いけど、今はそれどころじゃない…!!」
「ウッキー!!」

言っている間に向こうの方からブービーがやってきた。
そして逃げ回っている最中の1号に近づいてきた。

「何だよ、急にどうしたのさ?」
「アッキャッキャー!!」
「え?かくれんぼして遊ぼうって?」
「ウィーウィー。」

ブービーが頷いていると、後ろから追い掛けてきていたパー子が追いつき、
彼らの目の前に立ちはだかった。

「逃がさないわよ!!ブービー、そこをおどきなさいっ!!」
「助けてええ!!!」

ブービーの後ろに回り、隠れながら1号が叫んでいる。
何が起こっているのか理解できていない様子のブービー。
先ほどの黒焦げケーキを1号の口の前へと押し込もうと
近づくパー子を恐れて1号は大慌てで逃げていく。

「うわぁぁぁぁ!!」
「待ちなさいっ!!」

あっという間に遠くへと飛んでいってしまった2人。
ブービーは何やらピンときたといった様子で、
自分も嬉しそうに彼らの後を追う。

「ウッキッキー!」
「え?鬼ごっこに混ぜて欲しいって?」

どうやら彼は、1号とパー子が
鬼ごっこをして遊んでいるのだと勘違いしているようだ。
追い掛けられている1号を、
いつの間にかパー子と一緒になって追い回している。

「ブービーはそっちから捕まえてちょうだい!!あたしはこっち!!」
「ウッキャー!!」

両脇から挟み撃ちされそうになった一瞬の隙をついて
1号は真下へと急降下した。
おかげで彼らはお互いのおでこを強烈にぶつけ合う結果となってしまい、
クラクラしてその場に浮かんでいる。

「ひどいぞブービー!あとで覚えてろよ!!」

右手をぶんぶん振り回しながら1号が叫ぶ。
せっかくの陽気な日曜が台無しだ。
だんだんと疲れてきたとき、またもや彼のバッジから呼び出し音が鳴った。


ビビビビビビビビビ…!!!


「何だよ、今度は一体何なんだ!?」

疲れ果てた顔でバッジに応答すると、聞こえてきたのは大阪弁。

『あ、1号はん。約束してた荷物持ってきましたで?』
「パーやん?え、約束って何だっけ??」

1号がきょとんとしてバッジに話しかけていると、
バッジの向こうで話していたはずのパーやんが
どこからともなくぎゅい~んと現れた。
すぐそこまで来ていたらしい。
背中には彼よりも大きな箱が背負われている。

「なんやねん、パーやん運送の荷物が多いんやって言うたら
 配達手伝ってくれるて今朝言うたやんか!」
「あ、そういえばそんな気がするようなしないような…。」

1号は今朝のことを思い返してみた。
寝ていたところへ突然バッジで呼び出され、
ぼんやりと寝ぼけたまま返事をしてすぐにまた寝てしまったことを思い出した。
あの時に約束してしまったようだ。

「嘘ついたらアカンで!はよ手伝うてや!!」

パーやんは、担いでいた大きな箱を1号にひょいっと投げて渡した。
何が入っているのかその箱はずっしりと重い。
何気なく受け取った1号ではあったが、
逃げ回っている最中にこんなものを預かるわけにはいかない。
後ろからはパー子とブービーが追いついてきてしまった。

「うわぁぁゴメン、返すよ!ほらっ!」
「あっ!何しよるんや!約束破るつもりか!」
「ホントにごめんよ、後でねーっ!!」
「待て―っ!!!」
「アッキャァー!!」

荷物をパーやんに投げて返し、1号はまたもや逃げる逃げる。
パー子にブービー、そしてパーやんまで加わっての
それこそ“鬼ごっこ”状態である。

「も、もうダメだ…!!へこたれそう!!」

ヘロヘロになった状態で飛び続ける1号。
3人に追われてヘトヘトだ。
もう、自分がどうして逃げ回っているのかも分からなくなってきた。

目の前が霞んできたと思っていたその時、
何やら向こうの方からキーンと近づいてきたものがある。



【その4】につづくクリック


スポンサーサイト

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

Secret

カウンター

二次小説★目次

A side(成長編)

バード星への道(仮)
パーマンの帰還

B side(ドタバタ中学生編)

ロックンロール文化祭
パーマンに女難の相!?
ランチタイム・ウォーズ
吸血鬼とシンデレラ
秋色乙女スイーツ
サーカスに行きた~い!!
妄想デート
○○シーンお断り!!
秘密のダンス・パーティー
ガン子の星に願いを
奇跡のクリスマス
朝日ヶ丘に雪は降る
カウントダウン・ラブ
一富士二鷹三パー子?
ふたりは恋のライバル
パー子危機一髪!!
ビタースイート・チョコレート
赤ずきんちゃんとオオカミ
パー子風邪を引く
グッバイ・スイートハート
スクープ!パーマンの正体
月灯りと君の夢
男の戦い
パジャマパーティーは大騒ぎ
スミレのラブソング
夢で逢いましょう
妄想☆結婚行進曲
ドキドキ☆サマー・スマイル
わくわく真夏のサイクリング
マーメイド誘拐事件
純情☆恋祭り
008マン
やっぱり君が好き。
おとぎの国のパーマン
ミツ夫のラブソング
スミレちゃんが危ない!!
パーマン恋愛禁止令!?
スミレと1号熱愛中!?
ハチャメチャ☆夏休み
秋風のセンチメンタル
やきもち☆ウィンター

番外編

ドラ・ミーツ・パーマン
パーマンとキノコの森
モテモテ☆パーマン

須羽さんちのパー子ちゃん

須羽さんちのパー子ちゃん
怒りのミッちゃん
ひみつのパー子ちゃん


人気投票結果発表

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

はじめに

当ブログにお越しいただき ありがとうございます。
管理人は趣味でマイペースに 更新しておりますので、
過度な催促やリクエスト
感想以外の行き過ぎた干渉
二次創作に抵抗のある方
ご遠慮ください。
無断転載もお断りしています。

プロフィール

あんじゅ

Author:あんじゅ
こんにちは!パーマンが大好きです!奥の深い作品です!!
藤子・F・不二雄先生の作品は素晴らしいです!

恥ずかしがり屋の管理人が、恥ずかしげもなく、お恥ずかしい内容の二次小説を書いたりお絵かきしたりしています(笑)

もし良かったら、読んでいただけると嬉しいです!!
ヨロシクお願いします。

趣味で自分の見たいなぁと思う世界をマイペースに書いていますので、リクエストは受付しておりません。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

管理用

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。