FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【二次創作】パーマンの日常-秋風のセンチメンタル-【9】

こんばんは~!
今日は夜、ものすごい大きな音で雷が鳴ったので怖かったです。
雷は昔から苦手でして、家の中にいる時は大丈夫なのですが、
外にいる時に鳴ろうものなら恐ろしさに逃げ出しそうになります。
油断していると危ないですからね、自然の力はとてつもなく大きいです。


さてさて。
今日はお話の第9話目、最終回です。
コピーとユキちゃんのカップルは好きなんですけど、
私が書くと切なくなっちゃいますね(・・;)
そんなこと言いつつも、今日もつづきからどうぞ~!







~9~



「もうっ!いつまでぶつぶつ言ってんのよ!!」

コピーを迎えに青森に向かって飛んでいる途中、
背中に乗せたミツ夫は相変わらずふくれっ面で何か言っている。
そんなパー子とミツ夫の様子を後ろから見ていたブービーは、
何もかもお見通しだという表情でイシシシと笑っていた。

だんだんと空気が冷たくなってきたような気がする。
パー子と言い合いしつつも、ミツ夫はどことなく緊張し始めた。

「何してまんねん、お二人さん。もうちょっとで着きますで…あれ?」

パーやんが後ろの3人に話しかけていると、
何やら前方からこちらに向かってくるものに気が付いた。
どんどんとこちらに近づいてくるようだ。

「あっ!あれは!!」
「コピー!!」

青いマスクに赤いマントが風になびいている。
向かい合う4人と1人は、
それぞれ急ブレーキをかけるように勢いよく止まった。

「やぁ、みんなどうしたの?」
「コピー!!どこ行ってたんだよ!!」

コピー1号とミツ夫が同時に口を開いた。
片や清々しく爽やかに話しているのに、
もう片方は怒りに満ちた表情だ。
同じ顔なのに真逆である。

「おい!僕に何も言わずに勝手にこんなところまで来るなんて…!!
 しかも、パーマンセットまで奪って何してんだよ!!」

右腕をぶんぶん振り回しながら、ミツ夫は怒鳴り散らした。
彼を乗せているパー子は勢いでゆさゆさと揺さぶられ、
背中から落とさないように必死にバランスを取っている。

ミツ夫はひとしきり怒鳴ったあと、息を荒げてコピー1号の方をじっと見た。
コピーは何も言わずにミツ夫の方をじっと見つめ返している。

「それだけ心配したと思ってるんだっ!!」

ミツ夫が叫んでいると、クスクスと声が聞こえてきた。
パー子が笑っているのだ。
ハッとして前を見るとパーやんも、
後ろからはブービーまでもがウシシと言いながらにやけている。
意地を張り続けてはいてもやはりコピーのことが心配だったのだ。

彼はばつの悪い顔でふんっと鼻を鳴らして目を逸らした。
コピー1号は相変わらず何も言わずにこちらを見ている。

「ごめんね、本当にごめん。」

呟くように謝るコピー1号。
相変わらずムスッとしていたミツ夫ではあったが、
コピーが幸せそうにニコニコしているのを見ると
何だか力が抜けるような気がして、怒っていた気持ちもだんだん収まり始めた。

「も、もういいよ。こうやって無事に帰って来たんだし…。」
「うん。ミツ夫くん、ごめんね。ありがとう。」

小さな声でコピーがぽつりと言った言葉が、ミツ夫の心の中に響いた。
まるで、水滴がぽちゃんと水たまりに落ちて
広がったような音が聞こえた気がした。

ミツ夫が何となくそのまま動けずにいると、
コピー1号は穏やかな笑みを浮かべ、“さ、行こう!”と言った。
東京の方へ向かってひとり飛び始めるコピー。

「何してんのさ?早く、帰るよ~!」

振り向くと、ミツ夫たちはその場に止まったまま
動いていないことに気が付いたコピーは、
少し先から手を振って呼んでいる。
赤いマントが風に揺れているのが、よりいっそう彼の表情を清々しく見せた。

「コピー、嬉しそうね。」
「そうだね。心配してたのがバカみたいだ。」

パー子の言葉に肩をすくめるミツ夫ではあったが、
コピー1号を見つめる瞳は明るく輝いていた。
彼がもうひとりの自分を優しく見守るかのような姿を、
他のパーマンたちも穏やかに見ていた。

「うふふ、あたしたちも帰りましょ。」
「そうでんなぁ。ほな、行きまひょか。」
「アッキャァ~!!」

透明に近い空色の中を、少し切なくも甘い秋の風が吹き抜ける。
それはどこまでも優しく、凛とした風だった。



【おわり】





★あとがき★


ふぅ~、ついに最終回まできました!
今回、書き上げるのにものすごく時間がかかってしまって大変でした(・・;)


タイトルもなかなか決まらなくて、仮で付けたタイトルから二転三転、
何度も何度も変更を繰り返してようやく決まった感じです。
それというのも、書いてる間に季節が変わっちゃったので…(汗)
【その1】の前書きで催眠術にかかって下さった皆さま、
どうもありがとうございました(笑)


今回のお話のきっかけは、引っ越しちゃったユキちゃんに
もう一度登場して欲しいなぁという個人的希望と、
秋だから切ない系のお話が書きたくなったのと、
何だか色んな動機をひっくるめてこうなりましたw


それと。
ユキちゃんが、誰にも聞こえないような小さな声で呟いた言葉は何だったのか。
ご想像にお任せします。
お話的にはセンチメンタルではあるけれど、
どこか温かくて幸せな雰囲気になってれば嬉しいです。


というわけで。
今回はものすごく時間がかかってしまったわけではありますが、
次回のお話はもうちょっと早く完成させたいです。
年内にUPしたいです。
楽しいお話で一年を締めくくりたいなぁと思っています!!
今度のも、私個人の妄想と希望がたくさん込められていますww
ミツ夫くんのヤキモチとかww


それでは!
今回も読んでいただいた皆様、ありがとうございました。
長らくの間、書く書く詐欺のごとく先延ばしになってしまったのですが、
それでも読んでいただいた方には感謝しています。
次回もまたお立ち寄りいただければ嬉しいです。


スポンサーサイト

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Day dreamerさんへ♪

コメントありがとうございます~!
いつも見て頂いてるとのこと、とっても嬉しいです!(*^▽^*)
次のお話も今ゆっくりペースではありますが書いているところなので、
いただいたコメントを励みに頑張ります!

次はミツ夫くんが盛大にヤキモチを妬くことになると思いますので、
出来上がりましたらまたよろしくお願いします!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Day dreamerさんへ♪

またまたいらっしゃいませ!

ところで…先ほど頂いたコメントなのですが、
文字化けしていまして読めない状態になっています(・・;)
申し訳ないのですが、もう一度送信をしていただくわけにいかないでしょうか…??
すみません。

どもです

実を言うと今日であんじゅさんの小説やっと全部読破したんですよね!
最新作は久々のユキちゃん登場でちょっと嬉しかったです(笑)
元彼女の名前も「友紀(ゆき)」だったので彼女には親近感がありますもので...
でも一番好きなのはやっぱりパー子=スミレちゃんですけどね(笑)(=^ω^=)
「パーマン」30年前を思い出しますね...毎週観てました。
パー子の正体がアイドルなのは知ってましたが、1号とそういう関係になるとは思ってもみませんでした!
あと設定を調べてみるとパーやんは私と同じ東大阪市民なんですよね!(゜ο゜)
鴻沼というのは恐らく鴻池をもじった地名ですね...私が市長なら名誉市民にしてあげるところですよ(笑)(^田^)
気が向かれましたらいつでもメールくださいな。
これからも応援してますし、新作を楽しみにしてます( ^▽゜)ο 

Day dreamerさんへ♪

コメント、お手数おかけしてすみません(・▽・;)

私の書いたものを読破して下さったとのこと!!
ビックリと同時に嬉しくて、ありがとうございます!
ユキちゃんは私にとっても結構お気に入りキャラなので、
あのままになっちゃうのは悲しいなぁと思いまして、
また登場させてみました。
元彼女さんと同じお名前とは、それは確かに親近感ありますよね!

パーやん、東大阪市在住だそうで、
確かに鴻沼って、鴻池のことだと思います(笑)
大阪のキャンペーンとかに彼を起用して下さると
嬉しいのにと思ったりしちゃいます(笑)

これからも地道ではありますが書いていきたいと思いますので、
よろしくお願します~(*^▽^*)
Secret

カウンター

二次小説★目次

A side(成長編)

バード星への道(仮)
パーマンの帰還

B side(ドタバタ中学生編)

ロックンロール文化祭
パーマンに女難の相!?
ランチタイム・ウォーズ
吸血鬼とシンデレラ
秋色乙女スイーツ
サーカスに行きた~い!!
妄想デート
○○シーンお断り!!
秘密のダンス・パーティー
ガン子の星に願いを
奇跡のクリスマス
朝日ヶ丘に雪は降る
カウントダウン・ラブ
一富士二鷹三パー子?
ふたりは恋のライバル
パー子危機一髪!!
ビタースイート・チョコレート
赤ずきんちゃんとオオカミ
パー子風邪を引く
グッバイ・スイートハート
スクープ!パーマンの正体
月灯りと君の夢
男の戦い
パジャマパーティーは大騒ぎ
スミレのラブソング
夢で逢いましょう
妄想☆結婚行進曲
ドキドキ☆サマー・スマイル
わくわく真夏のサイクリング
マーメイド誘拐事件
純情☆恋祭り
008マン
やっぱり君が好き。
おとぎの国のパーマン
ミツ夫のラブソング
スミレちゃんが危ない!!
パーマン恋愛禁止令!?
スミレと1号熱愛中!?
ハチャメチャ☆夏休み
秋風のセンチメンタル
やきもち☆ウィンター

番外編

ドラ・ミーツ・パーマン
パーマンとキノコの森
モテモテ☆パーマン

須羽さんちのパー子ちゃん

須羽さんちのパー子ちゃん
怒りのミッちゃん
ひみつのパー子ちゃん


人気投票結果発表

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

はじめに

当ブログにお越しいただき ありがとうございます。
管理人は趣味でマイペースに 更新しておりますので、
過度な催促やリクエスト
感想以外の行き過ぎた干渉
二次創作に抵抗のある方
ご遠慮ください。
無断転載もお断りしています。

プロフィール

あんじゅ

Author:あんじゅ
こんにちは!パーマンが大好きです!奥の深い作品です!!
藤子・F・不二雄先生の作品は素晴らしいです!

恥ずかしがり屋の管理人が、恥ずかしげもなく、お恥ずかしい内容の二次小説を書いたりお絵かきしたりしています(笑)

もし良かったら、読んでいただけると嬉しいです!!
ヨロシクお願いします。

趣味で自分の見たいなぁと思う世界をマイペースに書いていますので、リクエストは受付しておりません。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

管理用

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。