FC2ブログ
   
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【二次創作】パーマンの日常-やきもち☆ウィンター-【2】

こんばんは~!
今日は、昨日降った雪はすっかりとけちゃいました。
朝はまだ屋根の上や道端、土の上などには少し見受けられたんですが、
こうなればなったで少し寂しいものがあります。


関東や東北の方ではまだかなり降っているようで、
雪の重さで屋根が陥落したりしているところもあると聞きました。
思わぬ事故に繋がったりもしますし、お気を付けくださいね!


さぁ、今日はお話の第2話です。
ミツ夫くんのヤキモチは個人的に大好きなので、とても楽しく書けました(笑)
それではつづきからどうぞ~♪






~2~



「さよならぁ~!」
「また明日ね!」

放課後になり、生徒たちは足取り軽く家路につく時間。
ミツ夫の頭の中は昨日からずっと、マフラーのことでいっぱいだ。
雑誌のランキングでいくらパーマン1号が1位になったとしても、
本命のスミレからもらえなければ何の意味も無い。

彼女の編んでくれたマフラーが
自分の首に巻かれるところを想像しながら、
にやにやした笑みを浮かべて彼は歩いていた。

ふと気が付けばすぐ先に書店があるのが見える。
帰り道、新しい雑誌が出ていないかをチェックするのが
ミツ夫の日課でもあった。
“星野スミレ”の文字が拍子に出ているのを確認すると、
さっと手に取り読み始めた。

「何なに…えっと、“寒い冬、ホットな過ごし方”か。」

目次を確認してパッと開いたそのページには、
淡いピンク色を基調にしたセーターやマフラーなどを身に纏い、
とても優しくほほ笑んでいるスミレの姿があった。

だが、素直にドキドキしてもいられなかった。
彼女の向かって左側には、水色の衣裳でコーディネートされた美庄年彦が
並んで写っているではないか。
雰囲気はまるで初々しいカップルだ。
ミツ夫にとっては面白くも何ともない、不愉快な写真である。

「ふ…ふん!スミレちゃんも可哀そうに、
 仕事だからしょうがなくやってるんだよな。」

負け惜しみを言いながらもインタビューの文面に目を走らせる。
スミレがどんなことを言っているのかがとても気になる。

『寒い季節は、好きな人を暖めてあげたいです。
 手編みのマフラーとか、喜んでもらえるといいな。』

ここでもタイムリーにマフラーの話題が出ている。
ミツ夫の顔はますます嬉しそうだ。
“好きな人”という言葉に、心がふにゃふにゃになってしまいそうだ。
にやにやしながら読み進めていくと、それに対するように年彦が答えていた。

『プレゼントは何でも嬉しいけど、
 好きな女の子が編んでくれたものならサイコーだね!』

「な~にが“サイコーだね!”だよっ!!あいつ!!調子に乗りやがって!!」

ミツ夫は我を忘れて叫んだ。
むしゃくしゃしながら読み進め、ミツ夫の手にはだんだんと力が入り、
気が付けば雑誌の端っこがくしゃくしゃになってしまった。

すると、耳元で“ゴホン”という咳払い。
ハッと我に返ると、書店のおじさんがすぐ隣でミツ夫を睨みつけている。
彼の手にはしわくちゃになった雑誌。
言い逃れすることも出来ず、こうなったら棚に戻すわけにもいかない。
そそくさと会計を済ませたあと、ミツ夫は逃げるように店から飛び出した。






「くっそ~…!!」

床の上に広げられたくしゃくしゃのページ。
嫌なら見なければ良いのに、
家に帰ってきてからずっとそのページが開かれたままだ。

「こうやって見ると、お似合いだよね。」

後ろからひょいっとコピーが顔を出した。
にやりと不敵な笑みを浮かべながら、
雑誌の年彦とミツ夫の顔を交互に見比べている。

「何だと!!」
「だって、美庄とスミレちゃん、ホントのカップルみたいなんだもん。
 美男美女だし…!」

二人の記事は数ページにわたって特集されており、
他にも制服を着た彼らが仲良く並んで立っているものがあった。
年彦の首には暖かそうなマフラーがふんわりと巻かれている。
どうやら、彼女の手編みのマフラーを巻いて
喜んでいるというシチュエーションのようである。

「そ、そんなはずないだろ!!だって…!!」
「だって、何だよ?」

面白そうにニヤニヤとこちらを見ているコピーに対し、
ミツ夫は今にも噛みつきそうな表情で言った。
言い訳が思いつかないのかミツ夫は、何か言いたげな顔をしたまま後ずさりし、
突然ポケットからパーマンセットを取り出してパー着したかと思うと、
パトロールの時間だと言いながらベランダから空へ飛び出して行った。

「逃げたな…。」

へらりと笑いつつ、ミツ夫コピーは1号の出て行ったベランダから空を見上げた。
薄暗い空は、よりいっそう寒く感じさせた。






「何だい!!スミレちゃん、あんなに嬉しそうに美庄の隣に並んで…!
 “手編みのマフラーで暖めてあげたいです”とか言っちゃってさ!
 だったら早く僕に編んでくれよな!」

むしゃくしゃした気持ちをぶち撒けるように、一人 空を飛ぶ1号。
パトロールの時間までまだ少し時間があったが、
コピーとのやり取りに耐えられず家を飛び出し、
同じところをぐるぐると飛び続けていた。
何だか目が回ってきたような気がして回るのを止めたところ、
誰かが下から呼んでいることに気が付いた。

「パーマーン!!」
「ミッちゃん?すぐ行きまーす!!」

1号は何となくふらふらしたままミチ子の前に着地した。
落ち着いたピンク色のコートが彼女によく似合っている。
彼のよたよたした様子に少しおかしな顔をしながらも、
ミチ子は嬉しそうに笑いかけた。

「ちょうど良かったわ!今ミツ夫さんの家に行こうと思ってたの!」
「え?ミツ夫くん家に?」

1号がきょとんとしていると、彼女は手に持った紙袋から包みを取り出した。
そして恥ずかしそうに彼に手渡した。
何が入っているのかとても軽く、青い包装紙でキレイにラッピングされている。
赤いリボンが風に少し揺れて見える。

「これは…?」
「毎日寒い中、みんなのために頑張ってくれてるパーマンが
 風邪を引かないように…。」

開けても良いですか?の問いかけに、静かに頷くミチ子。
リボンが解かれ、包装紙を開けると中からグレーのふんわりした物が出てきた。

「マ、マフラー!?これを僕に?」
「ええ、一生懸命心を込めて編んだのよ。」

両端にアーガイルの模様が入っており、
“P‐1”というロゴが編み込まれたデザインのものだ。
丁寧な作りの見事な出来栄えである。

1号はそのマフラーを手に持ってじっと見つめていたかと思うと、
ささっと手際よく首に巻き付けた。
ふんわりと優しく、冷え切っていた心まで暖めてくれるかのような気がした。

「ミチ子さん、どうもありがとう!すごく暖かいよ!
 毎日これを着けてパーマン活動頑張ります!!」
「ホント?ミチ子嬉しい!!」

彼女は喜びのあまり思わず1号に抱き付き、
そのあとウキウキしながら帰っていった。
1号はパトロールの集合場所を目指して飛び始めた。
先ほどとは違う感情が心の中に広がっていくのを感じながら、
寒い風の吹く空をほくほく飛んでいくのであった。



【その3】につづく ←クリック


スポンサーサイト

theme : アニメ
genre : アニメ・コミック

Secret

カウンター

二次小説★目次

A side(成長編)

バード星への道(仮)
パーマンの帰還

B side(ドタバタ中学生編)

ロックンロール文化祭
パーマンに女難の相!?
ランチタイム・ウォーズ
吸血鬼とシンデレラ
秋色乙女スイーツ
サーカスに行きた~い!!
妄想デート
○○シーンお断り!!
秘密のダンス・パーティー
ガン子の星に願いを
奇跡のクリスマス
朝日ヶ丘に雪は降る
カウントダウン・ラブ
一富士二鷹三パー子?
ふたりは恋のライバル
パー子危機一髪!!
ビタースイート・チョコレート
赤ずきんちゃんとオオカミ
パー子風邪を引く
グッバイ・スイートハート
スクープ!パーマンの正体
月灯りと君の夢
男の戦い
パジャマパーティーは大騒ぎ
スミレのラブソング
夢で逢いましょう
妄想☆結婚行進曲
ドキドキ☆サマー・スマイル
わくわく真夏のサイクリング
マーメイド誘拐事件
純情☆恋祭り
008マン
やっぱり君が好き。
おとぎの国のパーマン
ミツ夫のラブソング
スミレちゃんが危ない!!
パーマン恋愛禁止令!?
スミレと1号熱愛中!?
ハチャメチャ☆夏休み
秋風のセンチメンタル
やきもち☆ウィンター

番外編

ドラ・ミーツ・パーマン
パーマンとキノコの森
モテモテ☆パーマン

須羽さんちのパー子ちゃん

須羽さんちのパー子ちゃん
怒りのミッちゃん
ひみつのパー子ちゃん


人気投票結果発表

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

はじめに

当ブログにお越しいただき ありがとうございます。
管理人は趣味でマイペースに 更新しておりますので、
過度な催促やリクエスト
感想以外の行き過ぎた干渉
二次創作に抵抗のある方
ご遠慮ください。
無断転載もお断りしています。

プロフィール

あんじゅ

Author:あんじゅ
こんにちは!パーマンが大好きです!奥の深い作品です!!
藤子・F・不二雄先生の作品は素晴らしいです!

恥ずかしがり屋の管理人が、恥ずかしげもなく、お恥ずかしい内容の二次小説を書いたりお絵かきしたりしています(笑)

もし良かったら、読んでいただけると嬉しいです!!
ヨロシクお願いします。

趣味で自分の見たいなぁと思う世界をマイペースに書いていますので、リクエストは受付しておりません。

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

管理用

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。